ストレスチェックが義務化されました。

背景には、 ①職業生活で強いストレスを感じている労働者の割合は高い状況で推移 ②精神障害の労災認定件数が3年連続で過去最多を更新 などがあります。 また、ストレスチェックを義務化することで、 ①一次予防を主な目的とする(労働者のメンタルヘルス不調の未然防止) ②労働者自身のストレスへの気付きを促す ③ストレスの原因となる職場環境の改善につなげる など期待されています。

ストレスチェック制度に基づく取組の手順

✓ストレスチェック制度の実施責任主体は事業者であり、事業者は制度の導入方針を決定・表明します。

ストレスチェック指針.png

(ストレスチェック制度実施マニュアルP.8 令和元年7月改訂)

ストレスチェック制度の流れ

ストレスチェック流れ.png

(ストレスチェック制度実施マニュアルP.10 令和元年7月改訂)